省型旧型国電の残影を求めて

戦前型旧型国電および鉄道と変褪色フィルム写真を中心とした写真補正編集の話題を扱います。写真補正技法への質問はコメント欄へどうぞ

RawTherapee 次のバージョンにローカル補正機能が付く!?

 RawTherapeeのマニュアル、RawPediaを漁っていたら、11/16日付で新しい解説のページが付け加わっていました。その名も「ローカル補正 (Local Adjustment)」です。

Local Adjustment - RawPedia

 

イントロダクションを見るとこうです。

"Local editing in RawTherapee is based on RT-spots, which are similar in principle to the U-Point concept originally used in Nikon Capture NX2 © and subsequently in the Nik Collection ©, DxO PhotoLab © and Capture NXD ©. RT-spots use algorithms developed specifically for RawTherapee by Jacques Desmis.

 

This approach is completely different to the more familiar local editing methods used in applications such as the GIMP, Photoshop © etc., which primarily use selection tools such as lassos, magic wands etc., associated with brushes, layers and blend masks. These methods can be time consuming and difficult to use accurately when complex shapes are involved."

 

 狙いとしては、Capture NX-D や Nik Collection のコントロールポイントと似たようなことができるようです。現状のバージョンにはありませんが、手の形をしたアイコンのローカル補正 (Local Adjustment) タブが新たに設けられるようです。

 おそらく次期バージョンに正式に搭載されるのではないでしょうか。

 黄変フィルムの補正使える新たなツールになるかもしれません。次期バージョンがリリースされたら、機能や使い勝手をレポートしたいと思います。