省型旧形国電の残影を求めて

戦前型旧形国電および鉄道と変褪色フィルム写真を中心とした写真補正編集の話題を扱います。他のサイトでは得られない、筆者独自開発の写真補正ツールや補正技法についても情報提供しています。写真補正技法への質問はコメント欄へどうぞ

大糸線で八面六臂の活躍をしたクモハ40077 (蔵出し画像)

 こちらは大糸線末期に、クモユニ81を除くと唯一の両運転台車だったクモハ40077です。この車は大糸線ロングシート車中、唯一運転台側に幌枠がつけられていた車両です。両運転台の上幌付きということで、かなり重宝されて、八面六臂の大活躍をしました。車両の状態も良かったのではないかと思います。北松本運転支所にはクモユニ81は一両しかなく予備車がありませんでしたが、クモユニ検査時は本車が代走も務めたようです。MT-15を搭載したロングシート車では唯一旧形国電最後まで使われた車両となりました。

クモハ40077 (長キマ) 1980.8 松本

 運転台側面窓の下に通風器が残っています。半流のクモハ40の中では、本車と西トタのクモハ40061のみに残されていました。

クモハ40077 (長キマ) 1980.8 南小谷

 上の電車に乗って南小谷まで乗り通し撮影した写真です。糸魚川から来たキハ28または58と顔合わせしました。今やJR西日本管轄の南小谷糸魚川間の廃止論も出ていますが...

クモハ40077 (長キマ) 1980.8 南小谷

 南小谷駅跨線橋から、屋根を見ます。奥には、糸魚川からきた来たキハ58、そして右側には急行アルプスの165系が... あれほどたくさんの登山客を乗せて走った急行アルプスも、全く過去のものになりました。

クモハ40077 (長キマ) 1977.7 北松本運転支所

 3-4位側です。こちら側には、ジャンパ栓受がない代わりに片指示式の幌が常備されていました。

クモハ40077 (長キマ) 1977.7 北松本運転支所

クモハ40077 (長キマ) 1977.7 北松本運転支所

 なお、上の写真を見ると客用扉の扉の引き込み口が二重になっているように見えているのがわかるでしょうか。これは大糸線の旧形国電に設置されていた、雪の吹込みを避けるための、雪除けです。扉を開くときはこの雪除けと扉の間に隙間ができますが、扉を閉めると、雪除けが扉の開口部を密閉する構造になっていました。これにより雪が吹き込んで扉が開かなくなる事故を防止するというものです。この器械式雪除けが施行されたのはおそらく1968年に転入してきた本車が最後と思われます。1970年以降に転入した車輛にはこの器械式雪除けの代わりに、ゴムを張って、開口部をなるべく塞ぐように変更されました。

クモハ40077 (長キマ) 1977.5 信濃大町

 こちらは客室内です。3-4位側の運転台です。向こう側はサハ45です。

クモハ40077 (長キマ) 1977.5 信濃大町

 4両運用の中間車として入ったクモハ40です。両側に幌を備えていたので、クハ45や57に繋げられる中間車代用としても活用されていました。先頭車に、クモユニ代用、中間車代用と八面六臂の活躍をしていました。

クモハ40077 (長キマ) 1977.5 信濃大町

クモハ40077 (長キマ) 1981.5 北松本運転支所

クモハ40077 (長キマ) 1981.5 北松本運転支所

 この上の2枚は非常に珍しい写真です。というのは大糸線では片支持形の幌を採用していましたが、片支持形の幌というのは、ジャンパ栓受が奇数側に付くのに対し、幌を設置する側は偶数側でした。幌を指示するステイ金具も偶数側に付きます。ところが、この写真では奇数側に幌がついています。

 おそらく直前までサハ45とコンビを組んでいて、入れ替えで切り離された直後ではないかと思います。というのはサハ45は、大糸線転入後も身延線時代の両支持形の幌のままでした。因みに身延線の車輛は横須賀線伊東線から移ってきた車輛が多かったため、そこで採用されていた両支持形幌がそのまま受け継がれました。両支持形の幌だと、下り寄り、第3-4エンド側に片支持タイプの車両を連結しようとすると、幌の長さが足りません。そのため、サハ45の下り側に連結する車両(奇数車)は、本来ないはずの幌を延長のため取り付けないといけません。そのため、奇数側(上り側)にも関わらず幌が一時的に取りつけられている姿だと思われます。

 

最後に本車の車歴です。

1936.3.9 川崎車輛製造 東鉄配属 → (1947.3.1現在 東イケ) →  (1954.10.1現在) 東カノ → 1960.3 東イケ  → 1963.10.1 東フナ → 1968.6.27 長キマ → 1981.10.21 廃車 (長キマ)

 本車は、1935年度に川崎車輛で製造され、東鉄に配属されました。1947年現在では池袋区にいますので、おそらく新製後からその当時まで山手線に配置されていたのではないでしょうか。さらに、1954年には中野電車区にいます。おそらく1950年頃、山手線が20m4扉車と17m3扉車に統一されたため、総武・中央緩行線の増結用として移ったものと推定されます。その後1960年に池袋区に移りますが、赤羽線用として移ったものと思われます。赤羽線新性能化後、大船区に転出しますが、横須賀線東海道線で旅客用に使われたとは思われないので、事業用車代用もしくは荷電代用ではかったかと思われます。関東では幌が取り付けられる必然性がなさそうなので、幌が取り付けられたのは、おそらく長鉄転出後ではないでしょうか。当時北松本は、基本的に20m化が終了し、3両のサハ57(400~402)もいて、McTTMcで編成を組んでいたと思われますので、上り、下りのどちらについても大丈夫なように、あるいは本車を導入してTcMcTMcの編成が組めるように、両側に幌枠をつける改造を受けたものと推測します。また、本車転入後、クモハユニ44000 (のち44803) が北松本から富士に転出していますので、元々クモハユニ44000の代役として入ったものと思われます。つまりクモハユニ64000の予備車として使われることが前提だったわけです。そして1970年の8月に64000が81003と交代して、撮影当時に至ったわけです。

 そして、大糸線旧形国電の終焉の日まで大車輪で活躍しました。

飯田線 クモハ54006 とクモハ54偶数車の謎 (蔵出し画像)

 本車は飯田線で活躍したオリジナルのクモハ54です。飯田線では当初豊橋機関区に所属していましたが、1978年の80系投入以降も伊那松島機関区に移って1983年の旧形国電終焉まで活躍した車両です。

f:id:yasuo_ssi:20220415131848j:plain

クモハ54006 (静トヨ) 1977.12 豊橋駅

 ご覧のように客用扉脇の大鉄向け列車種別表示用サボ受けが残っていました。また運行灯はクモハ51とは異なり大型のものに交換されていました。

f:id:yasuo_ssi:20220415131947j:plain

クモハ54006 (静ママ) 1981.6 天竜峡駅

f:id:yasuo_ssi:20220415132039j:plain

クモハ54006 (静ママ) 1981.6 天竜峡駅

 なお、筆者は1-3位側の写真が撮れていませんが、他の方の写真を見ると客用扉の形状は2-4位側と全く同一だったようです。

本車の車歴です。

1941.12.8 汽車會社東京支店 製造 (モハ54006 偶数向き)→ 1941.12.21 使用開始 大ヨト → 1943.9.20 大ミハ → 1944.5.17 座席撤去 → 1948.8.9 大オト → 1948.11.28 座席整備 → 1950.9.28 大ミハ → 1954.7 大アカ → 1954.10 大ミハ → 1955.8.25 更新修繕I 吹田工 → 1956.3.1 大タツ → 1962.9.15 大アカ → 1966.12.14 静トヨ → 1978. 10.13 静ママ → 1984. 2.10 廃車 (静ママ)

 本車は、モハ54の第3次車として製作されましたが、このモハ54第3次車はすべて汽車会社東京支店で製造されました。最初の配置区はなぜか城東、片町線担当の淀川区でした。しかしまもなく宮原区に移ります。

 ところで本車はクモハ54の偶数車でした。私の写真では電気側(山側)が撮れていないのですが、他の方の写真を見ると、抵抗器が3位側(後位側)にあるようです。つまり電気側機器の並びが関西標準ではなく関東と同じ並びになっています。これは本車のみならず、関西向けクモハ60を編入したクモハ54偶数車の全車に当てはまるようです。

 では、クモハ54以降、関西での電気側機器配置が関東に合わせるようになったのでしょうか。これは違います。というのは1982年に鉄道史資料刊行会から出版された『関西国電50年』にある写真を見ると、戦後関西向けに作られたモハ63偶数車が電気側の関西式配置を維持している写真があります。

 もう一つの可能性としてクモハ54やクモハ60の多くが関東のメーカーもしくは名古屋の日本車輛で、関西のメーカーが少ないので、艤装を関西でやらなかったのではないかという可能性が考えられます。本車も東京で製造されています。またこれに関しては『関西国電50年』に掲載されている写真の中に、関西に投入された、大鉄仕様ではない「標準型」という生産末期のモハ60 (モハ60104 但し製造は在阪の田中車輛) の写真があります。これは関東と同じ仕様だった可能性があります。関西向けの列車種別表示サボもなかったようです。しかし偶数車であるクモハ54002は1937年川崎車輌製で関西生まれですが、やはり後年の写真では電気側が関東式になっているようです。54002については製造時から関東仕様だった可能性は少ないと思います。この仮説は一部のクモハ54には当てはまるかもしれませんが、すべてのクモハ54に当てはめるのは無理があるように思います。

 さらに第三の可能性として吹田工場の更新修繕でも床下機器の配置換えをやっていたのではないかということが考えられます。しかし当初関東向けのクモハ51に関してはまったく偶数車の機器の配置換え(海側と山側の転換)をやった様子が見られません。なぜクモハ54だけ... と思って再度『関西国電50年』を見直したところ、こんなことに気づきました。

 クモハ51の関西向け全偶数車を含むクモハ51の大半は、更新修繕Iを1954年度までに終えています。それに対しクモハ54の大半(偶数車は全車)は、更新修繕Iが1955年度以降となっています。ひょっとすると1955年の更新修繕から、偶数車の電気側の配置を関東に合わるという方針変更があった可能性があります。またこれらの車両に関しては、運行灯も関東車と同様大型の運行灯に換装されています。

 但し、クモハ51の関東向け若番偶数車の一部は1957~8年に吹田工場で更新修繕II を受けていますが、電気機器配置は海側のままです。そのことから考えると、仮に1955年度以降の更新修繕で機器配置の変更があったとしても、あくまですでに山側に揃っている関西向け偶数車の電気機器の配置を入れ替えるという範囲で、電気機器が海側にある車両の海と山の転換までは行われなかった、ということになります。ちなみに1957~8年に更新修繕IIを受けている若番クモハ51は運行灯のHゴム&大型化で揃っていますが、更新修繕IIのときに施行されたものかどうかは分かりません。

 はっきりとは断言できませんが、この第3の可能性が当てはまるケースが一番多いように思われます。

Bチャンネル再建法補正 Tips: 青い部分の黄変を補正するためのマスクの作成の仕方

f:id:yasuo_ssi:20210310145522j:plain

 今回 Bチャンネル再建法ツールによるバージョンアップから、青い部分に黄変がかかっている部分の補正のためにユーザ作成のマスクを読み込むオプションをつけました。

 この作成ですが、基本的にはGIMP等で元画像を見ながら作って頂く、ということになります。但し、相対RGB色マスク画像作成ツールを使うと、より作りやすいかもしれません。以下このツールを使った編集法についてご案内します。

サンプル画像

 まず相対RGB色マスク画像作成ツールをImageJから起動してください。そして編集元画像を指定したのち、チャンネル選択ダイアログで下記のように青チャンネルを選択します。

相対RGB色マスク画像作成ツール
チャンネル選択

 そして、次のパラメータ設定ダイアログで、相対的に青い部分を指定したマスクを作ります。

 まず、明度範囲で範囲に含ませたい部分が範囲に含まれるように指定します。なお、相対的に青い部分を透過させたいので [Make Blue Mask] に必ずチェックを入れます。でないと黄色い部分透過マスクになります。

明度範囲指定

 逆に必要のない部分はなるべく黒くなるよう指定したほうが後でのマスクの作成が楽です。

 次に、色の閾値と、マスクの透過度を指定します。

色の閾値、マスクの透過度指定

 ただこれはあくまでマスクを作るうえでの下書きですので、あまり厳密でなくても大丈夫です。

 これでできたマスク画像が下記です。

出来た青透過マスク

 これをGIMPに読み込んで編集します。

自由選択ツールで補正したい青色の部分を範囲指定し...

範囲指定中

 指定範囲をデリートボタンを押して白抜きにします。なお指定範囲はあまり厳密でなくて大丈夫です。

指定範囲を削除

 白抜きが終わったら残りの部分を黒で塗りつぶします。

白抜き終了

白抜き以外の部分を選択

塗潰しツールを使って塗潰し

 これに適当な名前を付けて TIFF ファイルとして出力します。そして、補正の際に、エキスパートモードにし、ユーザ作成マスクとして読み込ませてください。

 なお、黄変が部分的で、黄変がかかっていない青色部分は含める必要はありません。というよりも補正値が不正確になるので、黄変がかかっていない青色部分は含めない方が良いです。この範囲は、補正値を決定するための計算根拠にもなりますので、含める必要の無い部分を含めると計算値が不正確になります。

黄変ネガ写真 Bチャンネル再建法 ユーザ作成マスク利用手順【Ver. 4.7対応】

f:id:yasuo_ssi:20210310145522j:plain

[ユーザ作成マスクを使い、青い部分にEPFFcアルゴリズムを適用する手順]

 先日のバージョンアップ(Ver. 4.7)から、Bチャンネル補正法ツールに、ユーザ作成マスクを読み込ませる、青色部の補正強化オプションをつけました。これにより、従来できなかった青い部分にも拡張疑似フラットフィールド補正(EPFFc)アルゴリズムを適用することができます。これによりハイブリッド補正を使った場合でも、青い部分の黄変の補正量の確実な改善 (増加) が可能です。

 なお、当然ながらユーザがマスクを作る手間がかかります。先日例示したように、ユーザマスクを使わなくても、マニュアルによる補正量調整 (補正量の増加) により、やはり同様に、青い部分の黄変の改善も可能です。但し、この場合は青い部分も青くない部分も同じ黄変量調整の増加が適用されてしまいます。従って、まずマニュアル調整を試してみて、それだけでは効果が不十分の場合、あるいは、全般的に補正量を増やすと、元々青くない部分から黄色味が過剰に取り去られてしまって不都合がある場合に、ユーザ作成マスクを使った補正を試みることをお勧めします。

 本記事ではこの手順について説明します。なおGIMP編集の部分は従来と共通なので省略します。

 またこちらのサンプルを使います。

補正前オリジナル

 まずImageJから本ツールを立ち上げます。ファイル指定を行った後、ノービスメニューが出ますが、こちらはキャンセルを押してください。するとエキスパートメニューに入ります。

エキスパートメニュー

 上の、パラメータは、デフォルトのパラメータです。但し、エキスパートメニューは以前このツールを使って補正を行っていると、その時の設定がある程度読み込まれ反映されますので、これと異なる場合があります。

 ここで、以下のユーザ作成マスク読み込みオプションにチェックを入れます。

ユーザ作成マスク読み込みオプション
(エキスパートメニューで指定)

 この状態で OK を押して実行させると途中で、ユーザ作成マスク読み込みダイアログが以下のように出ます。

ユーザ作成マスクファイル指定ダイアログ

 読み込ませたのは以下のようなマスクです。

ユーザ作成マスク

 なお、マスクを作る方法自体については以下の記事をご参照ください。

yasuo-ssi.hatenablog.com

続きを読む

拡張疑似フラットフィールドアルゴリズムにおける、パラメータ設定による青色部分黄変推計量の違い

f:id:yasuo_ssi:20210310145522j:plain

 今回黄変補正ツールの Ver. 4.7 へのバージョンアップに伴い、青色部分に黄変がかかっている場合の黄変補正量の改善を図りました。青色部分の黄変対策として、マニュアルによる補正値の調整および、ユーザ作成マスクの読み込みの2機能を用意しましたが、どちらを優先して使うべきでしょうか。

 それを確認するために、拡張疑似フラットフィールドアルゴリズムにおいて、どの方法を使うとどの程度黄変推計量を計算するのか、図示してみました。

 まず、サンプルファイルです。ここのところよくお見せしているものです。

黄変画像 オリジナル

 またオリジナルBチャンネルの画像は以下です。

オリジナル B チャンネル

 ここで、この青い塗装部分の黄変を補正するための、ユーザ作成マスクを用意します。

ユーザ作成マスク

 このユーザ作成マスクを使って青色部の黄変の検出を試みます。ユーザ作成マスクを読み込ませるときに、補正量の調整が可能ですが、まず、弱めに係数を33にした結果を見てみます。なお、Sigma は 5 に設定しています。

青色部のみの黄変推定量: 係数 33 x 標準偏差
続きを読む

黄変ネガ写真 Bチャンネル再建法 (ハイブリッドアルゴリズム) 補正過程事例 (6)【Ver. 4.7対応】

f:id:yasuo_ssi:20210310145522j:plain

[補正量を測定して補正値をマニュアル調整する]

 Bチャンネル再建法補正ツールは、今回、Ver. 4.7へのバージョンアップを機に、補正の難しい、ダメージの大きい画像や、青色部分に黄変が広がったフィルムの補正可能性を広げるため、エキスパートモードのパラメータ設定の柔軟性を高めることにしました。その中にマニュアルによる補正量の調整機能あります。

 この機能は、従来、拡張疑似フラットフィールドアルゴリズム単独使用時のみ有効で、他のモードでは無効でした。これはどちらかというとアルゴリズムの効果を調べるための実験的なオプションだったためです。しかし、今回単独使用時のみならず、ハイブリッド動作時でも有効にしました。これにより自動では黄変量が十分に推計できない、ダメージの大きい画像や、青色部分に黄変が広がったフィルム画像の補正効率を上げるためです。

 なお、この機能をより有効に使っていただくためには、先日リリースした画像統計計算ツールをご活用ください。

 以下サンプルファイルを使って、この機能を使った補正手順を紹介します。

----- 

 まず、以下のサンプルの画像ですが、実はデフォルト設定で補正をしようとすると、空の黄色味がどうしても取り切れませんでした。フィルムは例によってフジのHR400です。

サンプル画像 オリジナル

 下は、デフォルト設定で、Bチャンネル再建法のみ適用した状態です。

Bチャンネル再建法適用後 (デフォルト)
空の黄色味が取り切れない

 微妙に空の黄色味が残っています。もちろん、空を対象に、相対RGB色マスク画像作成ツールを使って黄色透過マスクを作成し(但し色閾値はかなり上げる必要がある)、追加補正で黄色味を削減することはできますが、ちょっと悔しいです。そこで今回はマニュアルで補正量を調整し、黄変を一掃してみます。まず、先日リリースしたチャンネル間の相関統計測定ツールを走らせます。画像を指定した後、以下のダイアログが出ます。

パラメータ指定ダイアログ

 とりあえず、Blue - Green間の統計を計算すれば良いです。ところで、このプログラムのリリース記事の中で、この画像は、全体を指定するとG-B間の相関係数は0.90とかなり高くなりますが、黄変の目立つ空だけを範囲指定して測定すると、相関係数が0.6代に落ちると指摘しました。ですので、次のダイアログで、空だけ指定します。つまり、ポイントとしては、黄変が部分的に限定されている画像については、なるべく正常な部分を除いて補正目安値を計算させる、ということです。

続きを読む

Bチャンネル再建法ツール ハイブリッド・アルゴリズム実装版 Ver. 4.7《アルゴリズム & UI一部変更》

f:id:yasuo_ssi:20210310145522j:plain

 9月に、本ツールをバージョンアップしましたが、今回再びバージョンアップさせていただきます。今回のバージョンアップの主な目的は、エキスパートモードの位置づけの変更 (よりダメージの大きな画像に対して活用するため)、および青い部分の黄変補正量の改善対策です。

■メニューの位置づけの変更

 今までのエキスパートモードメニューの位置づけは、開発目的のための補正効果の確認用という位置づけで、一般の方が補正のために積極的に使うことを想定していませんでした。ただ今回、ダメージ程度の大きい画像の補正のためにエキスパートモードを積極的に使っていただくようユーザインターフェース等を変更しました。既に前回のアップデートで一部ユーザインターフェースの変更を行っていましたが、それはこのための準備作業でした。

 なお、ダメージが中程度以下の画像では、ノービスモードメニューでパラメーターを多少いじる範囲内で十分補正が可能です。基本的にはノービスモードでは補正効果が不十分なダメージの程度の大きな画像の場合、ならびに青い部分に強い黄変が広がっている場合のみにエキスパートモードを使っていただくという位置づけです。

ノービスメニュー

 まず、ノービスメニューでは外観上の変更はほとんどありません。次はエキスパートメニューです。

エキスパートメニュー

 外観上の変更は少ないように見えますが、位置づけが大きく変わっています。まず、拡張疑似フラットフィールド補正のパラメータ部分ですが、以前は拡張疑似フラットフィールド補正のみの効果を調べるためのパラメータであって、ハイブリッド補正の際は無効でした。しかし、今回はハイブリッド補正と共通になっています。現在のメニューの組み合わせで無効なパラメータは灰色で表示され、有効なパラメータは白または緑色等で表示するようにし、なるべく迷いにくくするよう工夫したつもりです。

続きを読む