省型旧形国電の残影を求めて

戦前型旧形国電および鉄道と変褪色フィルム写真を中心とした写真補正編集の話題を扱います。他のサイトでは得られない、筆者独自開発の写真補正ツールや補正技法についても情報提供しています。写真補正技法への質問はコメント欄へどうぞ

モハ51第1次車を低屋根改造した 身延線のクモハ51808

 こちらは、身延線のクモハ51808です。元々はクモハ51007で、身延線入線時に低屋根化され808に改番されました。当初は関東向けモハ51で戦後関西に行った車両です。しかも第1次車なので、当初は半室運転台で登場しました。おそらく更新修繕の際に全室運転台に改修されたものと思われます。関東向けモハ51は全車偶数向きでしたが、関西向けモハ51とは異なり偶数でも2-4位側が電気であり、関西に行っても床下機器の方向転換は行われませんでした。こちらの写真も床下機器配置が変わっていないのが確認できます。

f:id:yasuo_ssi:20220206163604j:plain

クモハ51808 (静ヌマ) 1977.9 富士駅

 上の写真は、全検から出てきたばかりらしく、塗装が鮮明できれいです。戸袋窓の内側の窓がモスグリーンであること、また窓から垣間見える椅子の枠がモスグリーンなので、客室内はモスグリーンにペイント塗装されていたことは確実です。

 因みにネットに上がっている、他の方が1970年に撮られた写真(まだ未改番の51007のまま)を見ると、戸袋窓の内側の桟はベージュ色です。どうやら身延線に来てから客室内はペイント塗潰しに変わったようです。

 クモハ51の中でも比較的若い番号の車輛がペイント塗潰しに変えられているケースが多いようです。クモハ60は大半がペイント塗潰し、一方クハ47などは大半がニス塗りを維持していたようですが、なぜこのような違いが出たのか理由は不明です。

f:id:yasuo_ssi:20220206163938j:plain

クモハ51808 (静ヌマ) 1981 富士電車区

 なお1-3位側の写真が撮れていませんが、他の方の写真を見ると、客用ドアの形状は下記のようです。2-4位側と同じです。また乗務員室ドアの後ろの窓もつぶされていませんでした。

f:id:yasuo_ssi:20220207155947p:plain

最後は本車の車歴です。

1936.4 川崎車輌製造 (51007) 東ミツ → 1944.3.13 改造 大井工(41062) → 1950.5.22 大ミハ → 1952.8.4 改造・座席整備 & 更新修繕I 吹田工 (51007) → 1956.3.1 大タツ → 1961.10.1 大アカ → 1970.1.27 静ヌマ → 1970.6.11 改造 浜松工 (51808) → 1981.6.20 廃車 (静ヌマ)

 この車両は115系置き換えに伴う身延線旧形国電廃車の第1号となりました。115系置き換えは1981年7月下旬から始まりましたが、その前に乗務員訓練のため6月に115系の第1弾が富士区にやってきて、115系に留置のスペースを明け渡すため、6/12に早々と第一線を離脱、すぐ浜松工場送りになってしまいました。

 

 なお、51808 (51007) の1-3位側を撮った写真が以下のサイトに掲載されていました。

tsurikakedensha.blogspot.com

www.filmscan-print-s.com-----------------

yasuo-ssi.hatenablog.com------------------------

yasuo-ssi.hatenablog.com

クモハ60の中ではご縁のあった、身延線 クモハ60810 (蔵出し画像)

 本車は、クモハ60の中では結構御縁のあった車両です。何度も撮影できる機会がありました。

クモハ60810 (静ヌマ) 1981.7 富士電車区

 2-4位側の客用扉は桟入りで揃っていました。なお通風器は防寒対策で通風孔が塞がれています。本車は御殿場線経由で身延線に入っていますので、おそらく御殿場線入線時代に撤去されたものと思われます。

f:id:yasuo_ssi:20220409225341j:plain

クモハ60810 (静ヌマ) 1981 富士駅
続きを読む

GIMP & 新・輝度マスク作成ツールによる ポジフィルムのほこり・カビ等デジタル補正 実践例

 昨日、新・輝度マスク作成ツールをバージョンアップしましたが、今回はそれを応用した編集事例編です。

 既にポジフィルムをデジタル化した画像の汚れ取りに関しては以下の記事に書いています。

yasuo-ssi.hatenablog.com ただ、この記事の場合は、カビもありますが、色のついた汚れの補正について書きました。単純な埃やカビの場合は、これも先日書いたモノクロフィルムのデジタルカビ取りが応用できそうです。

yasuo-ssi.hatenablog.com そこで、今回は先日バージョンアップした新・輝度マスク作成ツールを使って埃やカビ取りを行う方法について書いてみます。

 カラーフィルムの場合、スキャナを使うと多くの場合自動的に埃を取る機構が使えます。しかしKodachromeの場合、あるいはデジタルカメラを使って取り込みを行う場合は、それらの機構は使えません。埃がそんなになければ、画像処理ソフトのスポット補正機能や、GIMPの場合は、スマート消去などを使うと簡単に除去できますが、埃のついている箇所が多数に及ぶ場合、あるいはカビが画面上はびこっている場合はかなり面倒です。そこで今回は、モノクロネガフィルムのカビ取り記事を応用することにしました。但し、モノクロネガと異なる点は、フィルムがネガではなくポジなので、補正に使うマスクも反転させないといけないということです(ネガは埃やカビが白く、ポジは黒く映る)。

 まずオリジナルフィルムを見てみます。空の方に何か所か埃がついています。

オリジナル

 拡大してみます。

埃拡大

 こんな細かい埃が多数あると面倒です。そこでまずRGB分解をして、どのチャンネルが一番埃の識別に適しているかを見ます。

続きを読む

新・輝度マスク (Luminosity Mask) 作成ツール バージョンアップ

 昨 (2021) 年11月に以下のページで新・輝度マスク作成ツールを公開しました。

yasuo-ssi.hatenablog.com 今回のバージョンアップは、反転ネガマスクを作る際に、従来の下限閾値の解釈だと不都合が出ることが分かったので、解釈のアルゴリズムを修正しました。また1チャンネルのみのモノクロファイルにも対応しました。基本的な使用方法は上記ページをご覧ください。あと若干ダイアログボックスのインターフェースの表記を変更および、作業を途中キャンセルした場合の終了処理をきちんと行うようにしました。

パラメータを指定するダイアログボックス

 ダウンロードはこちらからお願いします。ダウンロードしたファイルを解凍し、ImageJ Fiji ディストリビューションプラグインディレクトリにコピーすることで、ImageJのプラグインとして使用することができます。

 このツールを使った編集例示については、近日中にアップします。

 

身延線富士電車区担当運行区間と1950年代車両配置の変遷

 身延線の車輛を管理していた富士電車区 (現在は国鉄富士運転区を経てJR東海富士運輸区) は、元々は身延線の前身、富士身延鉄道車両基地でした。しかし、身延線だけではなく、東海道線静岡地区ローカル運転や、中央東線甲府地区ローカル運転も担当していたことがあります。その運転区間の変遷を、手元の資料から分かる範囲で記述します。

富士身延鉄道身延線*1

1913(大正2).7 富士-大宮(現富士宮)間開通 (非電化蒸気運転)

1915.3 大宮-芝川間開通

1918.8 芝川-十島間開通

1918.10 十島内船南部間開通

1919.4 内船南部-甲斐改大島間開通

1919.5 甲斐大島ー身延間開通

1927.6 富士-身延間電化

1927.12 身延ー市川大門間開通 (以降電化開通)

1928.4.1 市川大門甲府間開通

1938年鉄道省へ運営移管

1941.3 鉄道省買収 国鉄身延線となる

 

東海道線静岡ローカル運転

 Wikipediaの記述によると沼津-静岡間の電化は1949.2.1に開通したとあります。しかし、手元にある資料には、いつから、富士電車区による電車運転が始まったか明記されたものがありません。ただし、『鉄道ピクトリアル』 19533月号に掲載された「身延線 - 買収国電を探る(2)」には、宮松金次郎氏による沼津駅で撮られた富士身延鉄道出身の社形電車モハ93003の写真が掲載されていることから、モハ93の飯田線北部転出前、電化直後か遅くとも1950年には沼津ー静岡間で富士電車区の社形電車等を使った東海道ローカル運転が行われたことが伺えます。なお開業当初(1938年全通)から電化されていた伊東線の線内発着ローカル列車の電車運転化が横須賀線車輌を使って1949.5.15に始まっていますが、その理由は1949.5.20の東海道本線静岡ー浜松間の電化延長に備えて電気機関車を捻出する目的だったようなので、こちらも同様の理由で相前後して電車化された可能性があると思います。身延線へのモハ32一党の転属も、既に東海道本線ローカル運用があり、モハ32の格を活かすことができるという配慮があったと推定されます。

*1:以下の記述は「身延線 - 買収国電を探る(2),『鉄道ピクトリアル』3-(3), 19533月に基づく。

続きを読む

御殿場線 旧形国電 電車運用図表 (1977)

 既に身延線の旧形国電電車運用図表は公開していますが、やはり同時に沼津機関区から頂いた青焼きから、御殿場線の運用図表を掲載します。やはり元の青焼きが読みづらいので、原図から改めて書き起こしました。

f:id:yasuo_ssi:20210715135913p:plain

御殿場線電車運用図

 沼津機関区の御殿場線73系運用はすべて4輌で、それを2つつないだ最大8両の列車が運行されていました。上の図で青線が73系の運用です。御殿場線の73系の特徴としてはトイレ付きのサハ78が入っていたことで、これは他には呉線用の73だけだったと思います。また御殿場線のクモハ73に関してはかなり頻繁な入替がありました。当初は常磐線など関東から捻出してきた車輛を集めてきたようですが、身延線用にクモハ60を捻出するために、関西から身延線用のクモハ51とともにクモハ73も入ってきて、それを契機に関西からより状態の良い (全金属車など) クモハ73をいれて、半鋼製車、検査期限切れの近いクモハ73と置き換えることが繰り返されたようです。

 他に南フナ113系の乗り入れが濃緑色で、小田急からの乗り入れが赤で入っています。水色は試運転のスジです。御殿場線内から小田原へ直通する列車もありました。今は、8両編成などは到底考えられず2-3輌で運転されていると思いますし、東京直通列車もなくなってしまいましたが、御殿場-沼津間に関しては平均30分に1本程度運転されているようで、利便性は大幅に向上しているようです。国府津口も、当時のダイヤだと日中1時間半強ほど間隔が開くときがありますが、現在は最長でも1時間になっています。

 なお、御殿場線の73系は、1979年10月 115系の投入で終焉を迎えました。たしか中央東線用にPS-23付きの115系を新製投入して、捻出された800番台低屋根車が御殿場にやってきたように記憶しています。

f:id:yasuo_ssi:20210715234229p:plain

御殿場線 クモハ73 (関西仕様の全金属改造車) 国府津駅

 運用番号が69なので、630M→633Mで折り返すところですね。

----------------
 以下のページに、旧形国電時代の沼津区の所属車輛の変遷(1970~79)を書いておきました。併せてご参照ください。

yasuo-ssi.hatenablog.com

 

数少ないクロスシートのサハ48改造車 身延線 クハ47053 (蔵出し画像)

 身延線にはサハ48を改造したクハ47が多数いましたが、大半は連合軍専用車指定を受けてロングシート化されたサハ48から改造したもので、クロスシートのままの改造車は3両しかいませんでした。本車はその少数派の1両です。

f:id:yasuo_ssi:20220209232159j:plain

クハ47053 (静ヌマ) 1977.9 富士電車区

f:id:yasuo_ssi:20220209232234j:plain

クハ47053 (静ヌマ) 1981 富士電車区
続きを読む