省型旧型国電の残影を求めて

戦前型旧型国電および鉄道と変褪色フィルム写真を中心とした写真補正編集の話題を扱います。他のサイトでは得られない、筆者独自開発の写真補正ツールや補正技法についても情報提供しています。写真補正技法への質問はコメント欄へどうぞ

身延線電車運用図表 (1977現在)

こちらの電車運用図は、1977年春に沼津機関区から頂いた青焼きの運用図を、見づらいため書き直したものです。おそらく飯田線と同様1975年3月に改正されたものではないかと思います。 身延線・中央線(塩山-韮崎区間運転) 車両運用図 (1977年3月) この運用図は…

NikonのRawファイルをRawTherapeeで読み込んで、Capture NX-Dの現像結果により近づける

現在メインのデジタル一眼カメラとして、Nikon D5500を使っています。Nikon D5500での撮影は、空の色などが若干薄めに見える傾向にありますが、色に関してはかなり肉眼で見る結果に近いように思います*1 しかし、サードパーティー製のRaw現像ソフトで読み込…

モハ40を中間電動車化したモハ30001 (1975.10)

さて、本日ご紹介するのは、クモハ40を中間電動車化したモハ30です。但しトップナンバーは30000だったので、本車は2番目に若い番号となります。浅原信彦さんが書かれた国鉄電車ガイドブック 旧性能電車編(上) によりますと、1953年に桜木町事件対策として中…

GIMP 写真補正テクニック / レイヤーモード: ハードライト, ソフトライト - 平板で軟調な画像のコントラストを上げる

これもAkkana Peck氏のBiginning GIMPからの情報です。眠い軟調の写真をメリハリのある写真に仕上げる方法ですが、レイヤーモードをハードライトで重ねると良いとあります。画像の荒れも少ないと指摘されています。 因みにハードライトの式は以下のように定…

自然色のリファレンス: 紺碧の空

コロナ感染も第5波に突入し、気分の塞ぐ日常が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。東京五輪、メダルラッシュだそうですが、感染の方もラッシュで... ここですっきりした青空でも見て、爽快になっていただくこともかねて、真っ青な青空のRGB値を紹介…

GIMP 写真補正テクニック / GIMPで1レイヤーに対し、実質的に2枚のマスクを掛ける

拙作の相対RGB色マスク画像作成ツールを使ったマスクをGIMPで使用する場合、1つのレイヤーに2枚のマスクを掛けたい場合があります。相対RGB色マスク画像作成ツールで作れるマスクは、グレースケールを除くと、R, G, B, Cy, Mg, Y の6色の透過マスクしか作れ…

GIMP 写真補正テクニック / レイヤーモード: 乗算 - 露出オーバーの画像を暗くする

先日、レイヤーモードでスクリーンを使うと暗い画像を明るくでき、しかもトーンカーブ等で明るくするよりも効果が大きく、また荒れも少ないというようなことを指摘しました。では逆に明るすぎる画像を暗くするにはどうしたら良いでしょうか。これには乗算を…

自然色のリファレンス: 盛夏の緑

色のリファレンスを示すシリーズですが、今回は盛夏の植物の緑を扱います。いずれもNikon D5500で撮って、RawTherapeeのトーンカーブの自動調整を掛けています。これはカメラ内現像のJpeg画像に近くなる調整方法です。まずはこちらの1枚から... 写真1 こちら…

スキャンした青焼き書類をきれいにー 相対RGB色マスク画像作成ツールの活用例

若い世代の方は全くご存じないでしょうが、現在のように乾式コピー機が広く普及する以前は、書類を複写するというと、謄写版(ガリ版)か、青焼き(ジアゾ式湿式コピー機)が一般的でした。もちろん、今と同様な乾式PPC方式のコピー機はありましたが、PPC式は、1…

1975年3月改正 飯田線電車運用図

前回は1983年の飯田線旧型国電置き換え計画について記事を書き、同時に1978-83年の電車運用図も掲載しました。今回は飯田線豊橋口に80系が進出する前、1975年3月改正の飯田線電車運用図を掲載します。これは豊橋機関区の戦前型旧型国電の最後の運用でもあり…

Bチャンネル再建法プラグインバージョンアップ

本日、別URLにて公開していた、Bチャンネル再建法におけるチャンネル合成をサポートするGIMPプラグインを他のBチャンネル再建法用ツールと併せてダウンロードできるように手直ししました。つまり、ImageJ用プラグイン1本と、GIMP用プラグイン2種類(x 日本語…

スキャンした書類の変色を取り除くー 相対RGB色マスク画像作成ツールの活用例

先日バージョンアップした相対RGB色マスク画像作成ツールですが、写真の補正以外にも使えます。本日はその応用例を... 例えば紙が変色した書類をスキャンすると、当然その変色もスキャンされてしまいます。明るくなるようにスキャンしたり、コントラストを上…

1983年6月 飯田線旧型国電置き換え計画

さて、先日1981年当時の身延線の旧型国電の置き換え計画を公開しましたが、今度は1983年6月の飯田線伊那松島区の旧型国電置き換え計画です。当時すでに3月改正で豊橋区の80系は119系に置き換えられていました。おそらく乗降客の多い豊橋口で、豊橋口中心に運…

鉄道色のリファレンス(2): 横須賀線色

さて、写真補正のための鉄道色の色のリファレンスを掲示する記事、2回目です。今回は、筆者が大好きな横須賀線色です。湘南色は、もちろん発祥の地と由来の深い蜜柑を象徴した東海道線に使われるのは構わないと思うのですが、個人的にはどこかけばけばしくて…

1981年7月 身延線旧型国電置き換え廃車回送計画

昔の撮影メモから... 当時富士電車区で取材した、1981年7-8月の身延線旧型国電の新性能車置き換え計画です。そういえば今年は身延線の旧型国電が置き換えられてからちょうど40周年になります。旧型を置き換えた115系ももはやなく... 1981年8月4日以降はクモ…

鉄道色のレファレンス (1): 湘南色

写真カラー補正のため、色のレファレンス値を示しておくことが重要になると思います。以下、シリーズで鉄道の色のレファレンスとなる値を掲示していきます。1回目は湘南色です。 湘南色は1949年に登場し、東海道線に投入された、80系で初めて採用された色彩…

ImageJ対応 相対RGB色マスク画像作成ツール 新バージョン公開 (輝度マスク作成機能追加)

4月に公開した汎用色マスク画像作成ツールですが、今回新バージョンを公開します。なお、今回のバージョンから「相対RGB色マスク画像作成ツール」と名称を改めます。また英語名称も、Relative_RGB_color_mask_maker とさせていただきます。名称を何度も変更…

蔵出し画像 福塩線 クモハ51053 (1977年3月)

先日GIMPのスクリーンモードの活用法が分かりましたので、再び同様な条件(逆光による露光不足)の写真を補正してお出しします。福塩線のクモハ51053です。 クモハ51053 (岡フチ) このような条件の写真の補正には、RawTherapeeの「CIE色の見えモデル2002」より…

GIMPプラグイン Layer via Copy の解読

GIMPプラグイン作成法のお勉強として、以前以下の記事で紹介した、Dmitry Dubyaga氏が作成した、layer-via-copy-cut.py という プラグインを解読してみます。 yasuo-ssi.hatenablog.com 最初は、Pythonを使う宣言です。引き続きエンコードにUTF-8の仕様を宣…

失敗写真の補正テクニック・インデックス

■逆光で被写体が黒くなってしまった写真の補正 yasuo-ssi.hatenablog.com yasuo-ssi.hatenablog.com ■フィルムのパトローネ巻き込みによる光線被りの補正 yasuo-ssi.hatenablog.com

クモハ51043 写真再調整 / 逆光による露光不足をGIMPスクリーンモード+マスクで補正する

先日、GIMPレイヤーモードのスクリーンでの補正を紹介する (粒子の荒れを目立たせずに暗い画像を明るくできる) 際にサンプルとして用いた福塩線クモハ51043の画像ですが、スクリーンモード+マスクで再補正を試みました。 再び、オリジナル写真の掲示から...…

GIMP 写真補正テクニック / レイヤーモード: スクリーン - 粒子の荒れを抑えて画像を明るくできる

Akkana Peck氏の "Beginning GIMP: from Novice to Professional" というGIMPの入門書が良さそうなので入手しました。Apressという、コンピュータ解説書を中心に出しているアメリカの出版社から出ていたものですが、既に絶版になっています。そこで中古をAma…

ImageJ / Python Tips: ImageJにおけるカラー画像の画像深度の扱いについて

ImageJの画像の型はImagePlusのgetTypeメソッドで取得できます。その種類は、 現状では、GRAY8, GRAY16, GRAY32, COLOR_RGB, 及び COLOR_256です。GRAY8はグレースケール(もしくは色チャンネル単独)で8bit (0-255の値を取る)、GRAY16はグレースケール(もしく…

GIMP / Python Tips: プラグインで[元に戻す]範囲を設定する

Pythonで作成したGIMP用プラグインを実行後、その操作を取り消すと、特に何も設定していなければ、プログラムに書かれている操作過程一つ一つを取り消すことになります。従って、プラグインで指定した操作全体を一挙に取り消すことができません。 そこで、プ…

軽微な黄変の補正 - 新・黄変ネガカラー写真補正過程例示(7)

このあたりで、軽微な黄変の補正事例もお見せしたいと思います。オリジナル画像は下記です。 オリジナル3,053,069色 中央から右より、やや下の位置がわずかに黄変しているのが分かるかと思います。他の部分は問題ありません。この程度だとBチャンネル再建法…

GIMP / Python Tips: 現在アクティブなimageやdrawableを取得する

GIMPのPython-fuで、現在アクティブなimageオブジェクト (GIMPにおけるimageとは、ほぼ画像ファイルのことを指す) をどうやって取得したらよいでしょうか? つまり、複数のimage つまり画像ファイルが読み込まれている状態で、現在アクティブなimageオブジェ…

クモハ114-1503 (1992.6)

またまた、旧型国電ではないですが、発掘したフィルムの蔵出しです。こちらは1992年6月、小出駅で撮影した115系第1次新潟色 (1987年登場) の編成でクモハ114-1503(新ナカ)です。後ろはクモハ115-1532だったようです。もともとは70系の置き換えとしてTcMMTc編…

不均等黄変ネガ写真補正技法総覧 - そもそもレイヤー編集って何?

今、不均等に黄変したネガ写真を前にして、写真のデジタル補正の経験もほとんどないのに、どうやって補正したらよいだろうと途方に暮れている方もいらっしゃると思います。この連載記事ではレイヤー編集について分かっていることを前提として書いてきました…

決定版! 不均等黄変・褪色ネガ写真のデジタル補正術 (5-3) (2021.6 GIMP用RGB合成プラグイン対応)

目次 1. 本連載記事の概要 2. 今まで紹介されてきた経年劣化による変褪色写真の補正術 3. 写真補正の原理 4. Bチャンネル再建法による不均等黄変・褪色ネガ写真補正の方法 5-1. 具体的な補正実施手順 - 準備 5-2. 具体的な補正実施手順 - ImageJによる作業 5…

その他のGIMP用プラグインもアップデート

一昨日、可視レイヤー直接エクスポートプラグインをバージョンアップしましたが、他の、GIMPを便利にプロジェクトの自作2本のプラグインもアップデートしました。既存のページのリンク先ファイルを変更していますので、そこからダウンロードして下さい。 yas…