省型旧型国電の残影を求めて

戦前型旧型国電および鉄道と変褪色フィルム写真を中心とした写真補正編集の話題を扱います。他のサイトでは得られない、筆者独自開発の写真補正ツールや補正技法についても情報提供しています。写真補正技法への質問はコメント欄へどうぞ

Bチャンネル再建法 チャンネル合成 サポートGIMP用プラグイン

f:id:yasuo_ssi:20210310145522j:plain

 久しぶりにGIMP用のプラグインを公開します。今回はGIMPで黄変ネガフィルム写真をBチャンネル再建法を使って再建する際に便利なプラグインです。既にImageJで作成した素材ファイルを一気に読み込み、マスクまでかけるプラグインは公開していますが、今回は、再建Bチャンネルイメージを作成し、さらに一気にRGB画像の合成まで行うプラグインです。たくさんのファイルにBチャンネル再建法を適用する際に便利だと思います。

f:id:yasuo_ssi:20210611210748p:plain

GIMPメニューにおけるプラグインの位置

 素材ファイルをGIMPに読み込み、遠景補正レイヤー、周辺部補正レイヤー、暗部補正レイヤーの編集が終わったところで、再建Bチャンネル画像作成に必要なレイヤーのみ可視化しておきます。

 そこで、所定の場所に今回のプラグインをコピーしてあれば、ImageJで作成した素材ファイルをGIMPに読み込むプラグインと同じメニュー上の位置に、「新B画像作成→RGB合成...」(日本語バージョンの場合) という項目が現れるはずですので、それをクリックするとプラグインが起動します。

f:id:yasuo_ssi:20210611211347p:plain

プラグインを起動し、再建Bチャンネル画像を"New B"というレイヤー名で作成したところ

 プラグインが起動すると、上から3番目、R, Gレイヤーの下に「New B」という名前で再建Bチャンネル画像をレイヤーとして作成します。その後引き続きR, G, B合成を行って新しいxcfファイル並びにtiffファイルとしてBチャンネル再建法を適用した画像ファイルを保存します。なお、R, Gレイヤーの位置を変更すると正しく動作しないのでご注意ください。必ずトップがR, 次がG, そして再建したBチャンネルが3番目にある必要があります。

f:id:yasuo_ssi:20210611211758p:plain

画像のRGB合成を終えたところ

 これだけでも少なくとも2~3分程度 (慣れない方なら5分以上) は、作業時間の短縮に貢献するかと思います。よろしければお使いください。

 ダウンロード先はこちらです。

 ファイルはZIPファイルになっています。解凍すると日本語版と英語版がありますので、必要なほうどちらか一方をお使いください。また、プラグインのインストール方法は、以前のGIMPプラグインと同じですので、そちらの記事(以下のリンク)をご参照ください。

yasuo-ssi.hatenablog.com