省型旧型国電の残影を求めて

戦前型旧型国電および鉄道と変褪色フィルム写真を中心とした写真補正編集の話題を扱います。他のサイトでは得られない、筆者独自開発の写真補正ツールや補正技法についても情報提供しています。写真補正技法への質問はコメント欄へどうぞ

1996年3月 現役最後の鶴見線クモハ12

 こちらは、1996年3月、JR東日本で最後まで残った旧型国電定期運転、およびさよなら運転でのクモハ12です。この年の3.16のJR時刻改正で17m級国電を残さなければならなかった武蔵白石駅のカーブのきついホームが撤去され、103系電車が武蔵白石駅を飛ばして大川まで直通することになりました。なお、取り込みはVuescanを使ってスキャンしました。補正はリサイズ・不要部分のトリミング以外一切行っていません。本当は若干青みがかっているので、もうちょっとカラー補正を行った方が良いのですが、追加補正なしでこの程度までいけるということでこのままお見せします。このころカメラはNikonのFM2を使い、標準ズームの35-70mmを使っていたのではないかと思います。カメラが良くなっているのと、Vuescanを使って取り込んでいることでかなりしっかりした絵になっていると思います。以前スキャンしておいた鉄道写真もVuescanでスキャンしなおした方が良いかもしれません...

f:id:yasuo_ssi:20201007222909j:plain

 

f:id:yasuo_ssi:20201007223044j:plain

クモハ12052 (東ナハ) 大川駅

 上の2枚は、クモハ12052です。運行されなくなって24年経過していますが、どうやら現在も車籍が横ナハのまま残っているようです。鉄道博物館には行かずに東トウに留置されているようです。この時全検は1993年1月に大井工場で受けていました。

f:id:yasuo_ssi:20201007223120j:plain

クモハ12053 (東ナハ) 鶴見駅

f:id:yasuo_ssi:20201007223157j:plain

クモハ12053 (東ナハ) 鶴見駅

 こちらはさよなら運転 (1996.3.24) 時のクモハ12053です。全検から出たてのようにピカピカですが、写真から見ると1995年9月に全検を受けていますので、半年ほど経過しています。さよなら運転を前に、きっと鶴見線営業所(旧弁天橋電車区)の職員がさよなら運転に備えて、かなり磨きこんだのではないでしょうか?052にある窓の保護棒も撤去されています。

 本車は僚機と共に東京総合車両センターに長年留置されていましたが、2010年2月27日に解体されたようです*1

 両車の車歴です。

クモハ12052

1929.12.11 製造 モハ31018 (川崎車両) 東鉄配置... 1953.6.1 改番 31018→11210 東鉄、1954.1 東イケ→東ヤコ、1955.6東ヤコ→東イケ、1959.5東イケ→東ヤコ、1959.11.5改造 (大井工) 11210→12052 東ヤコ→東テシ、1987.4.1 JR東日本移管 1988 南テシ→東ナハ

クモハ12053

1932.1.28 製造 モハ31088 (川崎車両) 東鉄配置... 1953.6.1 改番 31088→11256 東鉄、1959.11.15 改造 (大井工) 11256→12053 東イケ→東テシ、1962.7.3東テシ→東オメ、1962.7.18東オメ→東テシ、1965.9.30東テシ→東ナハ、1978.5.30西ナハ→南テシ、1987.4.1 JR東日本移管 1988 東テシ→東ナハ、2006.4.2廃車(横ナハ)、2010.2.27解体

 

*1:出典:

2nd-train.net