省型旧形国電の残影を求めて

戦前型旧形国電および鉄道と変褪色フィルム写真を中心とした写真補正編集の話題を扱います。他のサイトでは得られない、筆者独自開発の写真補正ツールや補正技法についても情報提供しています。写真補正技法への質問はコメント欄へどうぞ

ARTをLinux (Ubuntu) にインストールする

f:id:yasuo_ssi:20210904211415j:plain

 Linux ユーザになって2日が経ちました。Linux (Ubuntu) をインストールしてみて、darktable や GIMP に比べて ART のLinuxへのインストールが初心者にとって難しいことが分かりました。darktable や GIMP は、Ubuntuのソフトウェアセンターのような機能からスマホのように簡単にインストールすることができます。ところがARTは登録されていません。もう一つ、sudo apt install art を使ってみましたが、これを使ってインストールすると、見慣れないコマのマークで起動画面が現れます。あれっと思うと Ver. 1.2 という古いバージョンがインストールされてしまったことが分かりました。sudo apt list --upgradable art で探しても、出てきません。まったくupgradable ではありません。

 結局、公式サイトからバイナリーをダウンロードしてくるか、新たにコンパイルしてインストールするしかないのですが、それが動くなるようになるまで情報を探しまくって四苦八苦しました。というわけで以下自分の備忘録を兼ねてインストール方法を記録しておきます。

■バイナリーをダウンロードしてインストールする

0) 依存するパッケージのインストール

 apt というパッケージ管理ツールが使えないので、まず自分で依存するパッケージをインストールしなければならないようです。初心者はまずその依存関係を調べてスクリプトを書くというのがハードルになると思います。そのインストールですが、以下のサイトの記述を参考にします。

www.dpreview.com ここの 1. にあるコマンドをターミナルコンソールから入力して実行します。ターミナルコンソールの開き方は以下の図をご参照ください。

f:id:yasuo_ssi:20220102153249p:plain

1. 右下のスタートボタンを押す

f:id:yasuo_ssi:20220102153411p:plain

2. term と入力すると端末アイコンが現れる

 

 上の端末というアイコンをクリックして、ターミナルコンソールを開きます。そしたらコンソールから、上のコマンドを入れますが、この記述の最後に libraw-dev を追加してください。上の記事が書かれたときはまだ ART は libraw を使っていなかったと思います。つまり以下のようになります。コピペして使っていただいてよいと思います。コピペの際は頭の $ は除いてください。

$ sudo apt install build-essential cmake curl git libcanberra-gtk3-dev libexiv2-dev libexpat-dev libfftw3-dev libglibmm-2.4-dev libgtk-3-dev libgtkmm-3.0-dev libiptcdata0-dev libjpeg-dev liblcms2-dev liblensfun-dev libpng-dev librsvg2-dev libsigc++-2.0-dev libtiff5-dev zlib1g-dev libraw-dev

ただこの前に $ sudo apt update -y を実行しておいたほうが良いのかもしれません。

なお、ネットを見ていると、インストールする際のコマンドに apt を使っている場合と apt-get を使っている場合がありますが、その違いは以下の説明のようです。

rs-techdev.com

 

1) ART バイナリーファイルのダウンロード

 次に、以下のダウンロードサイトから ART_x.xx_linux64.tar.xz (x の部分はバージョン番号)ファイルをダウンロードします。

bitbucket.org

f:id:yasuo_ssi:20220102152334p:plain

 

f:id:yasuo_ssi:20220102152529p:plain

ダウンロードディレクトリに保存される

 

2) ダウンロードしたファイルの展開 (解凍)

 ダウンロードされたファイルをダブルクリックし、アーカイブマネージャーで開きます。

f:id:yasuo_ssi:20220102152737p:plain

アーカイブマネージャーで開いたところ

f:id:yasuo_ssi:20220102153013p:plain

アーカイブマネージャーの外にドラッグして展開

f:id:yasuo_ssi:20220102164104p:plain

ただいま展開中

f:id:yasuo_ssi:20220102153840p:plain

ダウンロードディレクトリの下にARTのディレクトリができる

 

 それと、現在日本語翻訳ファイルに Linux 上の表示で若干問題があります(※2022.2追記 Ver. 1.12.1以降問題はありません。下記の手続きは必要ありません)。当サイトの以下のページから日本語翻訳ファイルをダウンロードしてください。

yasuo-ssi.hatenablog.com そして、ダウンロードした Japanese ファイルを、展開したファイルの日本語翻訳ファイルと置き換えてください。展開した ART のディレクトリの下にある language ディレクトリの下に Japanese ファイルがありますのでこれを置き換えます。これはコンソールを使わなくても置き換えられます。

 

3) ダウンロードディレクトリからインストールディレクトリへのコピー

 ターミナルコンソール(端末)を開きます。

f:id:yasuo_ssi:20220102153249p:plain

右下のスタートボタンを押す

f:id:yasuo_ssi:20220102153411p:plain

term と入力すると端末アイコンが現れる

 

コンソールのカレントディレクトリを、以下のコマンドで [ダウンロード] にします。

$ cd ダウンロード

そして以下のコマンドで展開した ART のディレクトリを /opt ディレクトリにコピーします。以下のコマンド例ではコピー先ディレクトリ名を art に変えていますが、その部分は適宜変えて構いません (例えば ART-1.12 など)。

$ sudo cp -r /ART-x.xx-linux64 /opt/art

 

なお UbuntuDebianLinux ではバイナリーをダウンロードしたアプリケーションソフトは、/opt ディレクトリの下に入れるのが慣例のようです。他の Linux ではどうか分かりません。

4) 起動確認

以下のコマンドで /opt/art に移動し

$ cd /opt/art

以下のコマンドでARTを起動します。

$ ./ART

f:id:yasuo_ssi:20220102154311p:plain

ARTが起動

 これで ART のバイナリーがインストールできました。

5) 起動リンクの作成

 いちいちコンソールに移動してコマンドを打つのは面倒なので、起動リンク (アイコン) を作成し、簡単に起動できるようにします。まずホームディレクトリから .local/share/applications に移動します。頭に . が付くディレクトリは隠しディレクトリなので、ホームディレクトリで Ctrl + H キーを押し、隠しディレクトリを表示させてから移動します。

f:id:yasuo_ssi:20220102154726p:plain

.local/share/applications ディレクトリに移動

 この上で右ボタンを押して[端末]を起動するとカレントディレクトリが .local/share/application でコンソールが起動します。そこで以下のコマンドを打ちます。

$ touch ART.desktop

 すると以下のリンクファイルができます。

f:id:yasuo_ssi:20220102154956p:plain

touch ART.desktop

 このファイルをダブルクリックしてエディターを起動し、以下の内容を編集して書き込みます。Version という部分は、最新のバージョンのバージョン番号を入れてください (以下の例では 1.12 にしています)。

 また Exec は今ARTを入れているディレクトリが例では /opt/art なので以下のように書いていますが、この名前を変えた場合は適宜変えたディレクトリ名を書き込んでください。

-----------------------

[Desktop Entry]
Version=1.12
Type=Application
Categories=Graphics;
Name=ART
Comment=
Exec=/opt/art/ART
Icon=/opt/art/images/ART-logo-48.png
Path=/opt/art/
Terminal=false
StartupNotify=false

------------------------

 ※緑色の部分は状況によって変更がありうる部分

 編集を終了し、スタートボタンを押すと以下のようにARTのアイコンが現れるはずです。

f:id:yasuo_ssi:20220102155257p:plain

スタートボタンを押すと ART のアイコンが現れる

コンパイルしてインストールする

 上にリンクを掲げた dpreview の記事にある、1. を実行した後 (つまり依存するパッケージをインストールした後)、2~4のコマンドをターミナルコンソールから順番に打ち込んで実行してください。なお、1. のコマンドのアレンジ(libraw-dev の追加)は、上の記述と同じです。

つまり、1. の実行後、

$ wget https://bitbucket.org/agriggio/art/raw/master/tools/build-art -O build-art

ソースコードコンパイル用コードをダウンロード

$ chmod +x build-art

コンパイル指示ファイルに実行権限を付与

$ ./build-art

コンパイル

の3つのコマンドを続けて実行していきます。

そうすると、ホームディレクトリの下の、programs ディレクトリの下に art というディレクトリができて、その下に実行ファイル群ができます。コンソールから

$ ./programs/art/ART で実行できるか確認してください。

 確認出来たら、上と同じように、日本語翻訳ファイルを入れ替えてください(※ Ver. 1.12.1以降は入れ替える必要はありません)

 これを上と同じように /opt ディレクトリにコピーして、あとは上と同様にリンクファイルを作成します。なお、現在のユーザだけで使えればよいのなら無理に /opt ディレクトリに移動しなくてもよいです。その場合は先のリンクファイルの記述で、/opt/art となっていた部分を /home/ユーザ名/programs/art/ に変更してください。

 なお、コードをコピペするだけなら、こちらのほうがインストールは簡単かもしれません。また、実行ファイルの置き場を変更するにしたがって、リンクファイルの記述は適宜変更してください。

f:id:yasuo_ssi:20220103100127p:plain

ARTのスクリーンショット (Ubuntu)

-------------------

 何か初歩的な間違いを書いていましたら、ご教示いただけますと幸いです。

なお、こちらの記事もご参照ください。

www.itmedia.co.jp