省型旧形国電の残影を求めて

戦前型旧形国電および鉄道と変褪色フィルム写真を中心とした写真補正編集の話題を扱います。他のサイトでは得られない、筆者独自開発の写真補正ツールや補正技法についても情報提供しています。写真補正技法への質問はコメント欄へどうぞ

ART / RawTherapee

ART: a fork of RawTherapee 入門ガイド (1) - ファイルブラウザ画面

今まで、ART (Another Raw Therapee) の機能紹介を書いてきましたが、今回は入門記事です。ARTのクイックスタートを参考にしながらアレンジして、4回に分けて書いてみます。 インデックス (1) ファイルブラウザ画面 (本記事) (2) 編集画面 (3) 簡単な編集 (4…

ART / RawTherapee 機能紹介 - テクスチャ増幅

今回紹介する、ART / RawTherapeeのモジュールはテクスチャ増幅です。このモジュールはもともとはRawTherapeeのトーンマッピングを改名、改善したもののようですが、2020年の夏バージョン(1.5.2)からAgriggio氏がアルゴリズムを書き改めたようです*1。場所は…

ART / RawTherapeeとカメラプロファイル

さて、ART1.9.3のカメラプロファイルの扱いですが、RawTherapee5.8と違っている点に最初に気づいたのは、カメラ固有プロファイルを適用したときのトーンカーブの自動調整の扱いです。前にも述べましたが、本家5.8だとカメラのDCPプロファイルを指定し、トー…

ART / RawTherapee 機能紹介 - メタデータ編集

今回は、ART / RawTherapeeにおけるメタデータ編集機能に関して紹介します。メタデータ編集機能に関して、RawTherapee本家と大きく違うのはメタデータ編集エンジンにExiftoolを使っている点です。このため、RawTherapeeに比べて、編集できる余地が大きく増え…

ART / RawTherapee 機能紹介 - スムージング関連

すでに、Raw現像ソフトのノイズ低減処理の比較検証を行ったときに紹介していますが、ART(1.9.3)では、RawTherapee5.8にない、スムージングというモジュールが増設されています。目的は名前から分かるように、画像の粒子の荒れを抑えて(荒れをぼかして)画面を…

ART / RawTherapee 機能紹介 - カラー/トーン補正

今回はART / RawTherapeeのカラー/トーン補正について説明します。このモジュールは、色相を調整する機能およびトーンを調整する機能を持ったモジュールです。これは本家にもある機能ですが、本家のカラートーン補正は非常にたくさんの調整用インターフェー…

ART / RawTherapeeはCanon EOS R5, 6等に対応しています

今、Adobe Lightroom / Camera Rawが、Canonの EOS R5, 6, 1DX MarkIIIに対応したカメラ固有プロファイルがなく (これらのカメラに対応したAdobe Standardプロファイルはある)、これらのカメラのRawファイルを読み込むと色がおかしくなってしまうことが問題…

ART / RawTherapee 機能紹介 - トーンイコライザ

トーンイコライザもやはりRawTherapee5.8に登載されていない機能です。因みに、これはdarktableで先行して採用されていて、darktableのシーン参照ワークフローではトーンカーブの代わりに、フィルミックRGBやトーンイコライザを使うことを推奨しています。い…

ART / RawTherapee 機能紹介 - 対数トーンマッピング

ARTの対数トーンマッピング(log tone mapping / 露出タブにあり)も、RawTherapee本家5.8には搭載されておらず、ART / RawTherapeeにのみ搭載されている機能です。このモジュールの基本的な目的は、別のフリーのRaw現像ソフト darktableに登載されているフィ…

ART / RawTherapee 情報インデックス

[ART の最新バージョンは、 2022.7.18にリリースされた1.15です。また Ver.1.11 より (2021.11.30リリース) Raw読み込みエンジンがLibRawとなり、対応カメラ数は、フリーウェアRaw現像ソフト中最強となりました] ここのところ、フリーウェアのRaw現像ソフト…

ART / RawTherapeeのマスク編集方法

ART / RawTherapeeには、本家5.8にはない、ローカル編集タブが追加されています。ローカル編集タブは本家5.9開発版には搭載されているようですが、5.9の安定リリース版はまだ出ていないので、先取りして搭載されています。 このローカル編集タブにあるモジュ…

ART / RawTherapeeによるネガフィルム画像のネガポジ反転編集 (付スポット除去編集の方法)

先日ART / RawTherapeeの紹介記事と、応急日本語化ファイルを公開しました。ARTに関する日本語による言及は、私が触れている以外は皆無ですので、ほとんど誰も関心を持っていないだろうと思っていましたが、応急日本語化ファイルを公開したところ、その当日…

ART / RawTherapeeの日本語ファイル大半を訳し終わりました

先日応急日本語訳を公表したART用のJapanese Languageファイルですが、未翻訳の部分の大半を訳し終わって公開しています。と言っても全体の2/3以上は、本家RawTherapeeのJapaneseファイルを利用させていただいて、本家とは異なる残りを翻訳しただけですが...…

フリーの現像ソフト ART / RawTherapeeの応急日本語化ファイル

2021.12追記 ART Ver. 1.11~12対応の日本語翻訳ファイルのアップデートに関しては、以下のページからダウンロードして下さい。 yasuo-ssi.hatenablog.com 2021.10追記 ART Ver. 1.10対応の日本語ファイルに関しては、以下のページからダウンロードして下さ…

フリーのRaw現像ソフト ART - a folk of RawTherapee

[最新版情報: ART の最新バージョンは、 2022.7.18にリリースされた1.15です。またRaw読み込みエンジンが2021.11アップデートのVer. 1.11より LibRaw となり、対応カメラ数は、フリーウェアRaw現像ソフト中最強となりました] 以前ちょっと言及しましたが、AR…